SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

署名方法について (コード証明書関連)

Safenet Authentication クライアントソフトウェア

COMODO EVコード証明書のご利用にあたり、Safenet Authentication クライアントソフトウェアのダウンロード方法、ならびにインストール方法をご紹介いたします。 次のステップを実行してください。:

※注意!: 下記の SafeNet ドライバはマイクロソフトWindows 8, 8.1 および 10 ( 32-bit 64-bit システム) , Mac OSX および Linuxに対応しております。

  1. お手元の EToken / Smartcard は外しておいた状態にしてください。 (this could be your USB device or CAC card)
  2. 右クリックで保存してください。 SafeNet Authentication クライアント マイクロソフト Windows PC 向け( 10.3 for Windows 10 をご選択ください。)
  3. マイクロソフト WindowsPCにSafeNet_Authentication ファイルを展開してください。
    ※ご注意!:
    • マイクロソフトWindows 32-bit & 64-bitPCの場合次のファイルをダブルクリックしてください。 SafeNetAuthenticationClient-x32-x64-10.3.msi
  4. SafeNet Authentication クライアントのインストールウィザードが表示されますので 「 Next 」をクリックして次へ進んでください。


  5. SafeNet Authentication クライアントインタフェースに適用する言語をご選択ください。 「 Next 」をクリックして次へ進んでください。

  6. Accept the license agreement のラジオボタンを,クリックし 「 Next 」をクリックして次へ進んでください。

  7. Typial Install のラジオボタンを選択して 「 Next 」をクリックして次へ進んでください。

  8. 「 Next 」をクリックして次へ進んでください。



    ※注意!: Windows 7にてドライバをインストールしている場合 「 Yes 」をクリックしてください。 User Account Control の画面がポップアップ表示されます。:




  9. 「 Install 」をクリックしてください。


  10. 「 FInish 」をクリックしてください。 設定変更後にマイクロソフトWindows PCを再起動いただくことで SafeNet Authentication クライアントが利用可能な状態になります。


  11. マイクロソフトWindows PCを再起動いたしますと、お客様のトークンが利用可能な状態になります。

マイクロソフト ベースのオペレーティングシステム

MacOS ベースのオペレーティングシステム

Linux - Debian ベースのオペレーティングシステム

Linux - レッドハットエンタープライズリナックスベースのオペレーティングシステム

サポートトップへ

インストール関連

署名方法について

トラブルシューティング

その他