SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Novell (証明書のインストール方法)

Novell ConsoleOne

Novell ConsoleOneにおける証明書のインストール

Comodo (CA)はお客さまに下記の証明書を含んだzipファイルをメールで送付します。

  • ルート証明書

  • 中間CA証明書

  • サーバー/ドメイン証明書

Server Certificateオブジェクトにインポートするため、ファイルの形式はPKCS #7 でなければなりません。ファイルはこのオブジェクトにインポートされるすべての証明書(ルートレベルCA証明書、中間CA証明書、サーバー証明書)を含んでいる必要があります。

表題を表示するには、Comodo(CA)がお客さまに送付した証明書をダブルクリックし、[detail]タブをクリック、表題領域に行きます。

証明書を正しくインストールするステップは以下のとおりです。

  1. 中間CA証明書とルート証明書を両方、Internet Explorerにインポートします。インポートするには、各証明書をダブルクリックし、[import]を選択します。各証明書が正しいストアにインポートされることを確認してください。中間CA証明書は中間ストアに、ルート証明書はルートストアに入らなければいけません。

  2. Comodoが署名した証明書(お客さまのサーバー/ドメイン証明書)をダブルクリックし、[details]タブへ行き、[Copy to File]をクリックします。次に、[Cryptographic Message Syntax Standard - PKCS #7 Certificates (.P7B)]を選択し、次いで[Include all certificates in the certification path if possible]チェックボックスを選びます。証明書に "c:\mycert" などのファイル名を付けます。このステップで、Trusted Root証明書、Intermediate Root証明書、End Server証明書を1つの証明書にまとめます。

  3. [Console One]へ行き、その後、証明書署名要求(CSR)を作成した証明書をポイントします。[Public Key Certificate]タブへ行きます。順に[Import]、[No Trusted Root Certificate available]、[next]を選択します。上記で作成したサーバー証明書をインポートします。

  4. インポートが終わると、証明書の確認と使用ができます。

  5. 証明書を使用する準備ができました。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Nginx

Elastic Load Balancing アマゾン(AWS)

メール送受信サーバ