SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

SSL Accelerators (証明書のインストール方法)

Intel NetStructure 7110

Intel NetStructure 7110 e-Commerce Accelerator 証明書のインストール

証明書を受け取ったら、解凍し、7110にインポートします。import certコマンドにKeyIDを付けて実行してください。インポート鍵と同様に、鍵をインポートするためのインポートプロトコルを選択します。貼り付けにはpを使います。貼り付け終了後、ピリオドを3つ追加してコマンド行を表示します。

サイト証明書と中間CA証明書の両方をインポートしなければなりません。2つの証明書は連結して1ファイルにする必要があります。

連結した証明書をimport certコマンドでインポートします。最初にサーバーのサイト証明書を、次いで中間CA証明書を貼り付けます。中間CA証明書に続いて、改行してピリオドを3つ入力します。

Example:
Intel 7110> import cert webserver
keyid is webserver;
Import protocol: paste, xmodem, uudecode
[paste]: <Enter>
Type or paste in date, end with ... alone on line

-----BEGIN CERTIFICATE-----
MIIFZTCCBM6gAwIBAgIQCTN2wvQH2CK+rgZKcTrNBzANBgkq
…………..more text…………
Fw0wMDExMTAyMzU5NTlaMIHHMQswCQYDVQQGEwJVUzETMBEG
-----END CERTIFICATE-----
-----BEGIN CERTIFICATE-----
MIIEMTCCA5qgAwIBAgIQI2yXHivGDQv5dGDe8QjDwzANBgkq
…………..more text…………
m8hDjswMKNXRjM1GUOMxlmaSESQeSltLZl5lVR5fN5qu
-----END CERTIFICATE-----

<Enter>
...<Enter>
Import successful!
Intel 7110>

注: 証明書の前、間、後ろに空白を入れてはいけません。また "Begin..." ヘッダーおよび "End..." トレーラーを含める必要があります。

Server 1のマッピングを作成します。create mapコマンドを使ってサーバーIPアドレス、ポート、keyIDを指定します。

Intel 7110> create map
Server IP (or 0.0.0.0): 10.1.1.30
SSL (network) port [443]: <Enter>
Cleartext (server) port [80]: <Enter>
KeyID to use for mapping: webserver

サーバーがマップされたとき、構成を保存します。

Intel 7110> config save
Saving configuration to flash...
Configuration saved to flash
Intel 7110>

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Nginx

Elastic Load Balancing アマゾン(AWS)

メール送受信サーバ