SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

ユニファイド (証明書のインストール方法)

Exchange 2007

Exchange 2007上でのインストール方法

ご購入後、メールにて証明書を受け取りましたらお使いの Exchange 2007 サーバ上に証明書をコピーしてください。そして Import-ExchangeCertificate cmdlet.を利用してインストールをします。 ※ 証明書のスナップインでインストールを実行しないでください。スナップインでのインストールでは Exchange 2007の場合うまく動作しないことがあります。

Exchange マネージメントシェルを開いてください。

[スタート][プログラム][Microsoft Exchange Server 2007]をクリックし[ Exchange Management Shell]と進んで下さい。

※ここでの実施例では証明書ファイルが c:\exchange_example_net.crtとして保存されているものとします。

ご注意:ユニファイドコニュニケーションサーバをご購入いただきますと、メールで納品する証明書には xxxxxxx.crt, のような証明書が添付されております。

証明書をインポートパスを指定

c:\exchange_example_net.crt | Enable-ExchangeCertificate -Services SMTP ;

where c:\exchange_example_net.crt is your certificate that you got from Comodo. The "Services" flag sets which services the certificate is enabled for. Valid options include: SMTP IMAP POP IIS UM To enable multiple services: Import-ExchangeCertificate -Path c:\exchange_example_net.crt | Enable-ExchangeCertificate -Services "SMTP, POP, IMAP, IIS" ; where c:\exchange_example_net.crt is your certificate that you got from Comodo. Note: Once you have installed the site certificate you may need to follow the procedure outlined in "Root and Intermediate Certificate installation via MMC" with the other files that you have been sent in order to complete the installation. Related Articles Root and Intermediate Certificate installation via MMC Why does my old cert show for OWA even though I replaced it?

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Nginx

Elastic Load Balancing アマゾン(AWS)

メール送受信サーバ