SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Plesk (証明書のインストール方法)

Plesk Administrator

Plesk Server Administratorによる証明書のインストール

重要:インストールは2ステップからなるプロセスです。以下に示す2つのステップを必ず実行してください。

ステップ1:SSL証明書のアップロード

PSAの内側から、SSL証明書をインストールするドメインを選択してください。
[certificate]ボタンをクリックしてドメインのSSLセクションにアクセスします。
CSR(証明書署名要求)が生成されると、2つの異なるテキストセクションがあります。RSA秘密鍵(Pleskからメールされたもの)と証明書要求です。証明書をインストールするときは、RSA秘密鍵をWebサーバーのサイト証明書に先立ってブロックに貼り付ける必要があります。例えば次のとおりです。

-----BEGIN RSA PRIVATE KEY-----
[[テキストのエンコードブロック]]
-----END RSA PRIVATE KEY-----
-----BEGIN CERTIFICATE-----
[[テキストのエンコードブロック]]
-----END CERTIFICATE-----
秘密鍵と証明書テキストを[Enter Certificate Text:]テキストボックスに貼り付け、[Send Text]ボタンをクリックします。

証明書をPleskにインストール

インストールが成功すると、"Certificate Successfully Installed" というメッセージが返ってきます。
エラーがあると、古い証明書がサーバーに送ったばかりの新しい証明書に取って代わり、もう一度、新しい証明書を指定するよう要求されます。
[Up Level]をクリックして[Domain Administration]ページに戻ります。

ステップ2:ルートチェーン証明書のアップロード

証明書がすべてのブラウザーから確実に信頼されるようにするには、当該ドメインのルートチェーン証明書をインストールする必要があります。

PSAの内側から、SSL証明書をインストールするドメインを選択してください。
[certificate]ボタンをクリックしてドメインのSSLセクションにアクセスします。
このページの[Use rootchain certificate for this domain]の隣にアイコンが表示されます。
このアイコンが[ON]の場合、このドメインでルートチェーン証明書が有効になります。[X]の場合、ルートチェーン証明書はこのドメインで無効になります。
処理を続行する前にこのアイコンが[X]であることを確認してください(アイコンが[ON]に設定されている場合、ON/OFFボタンをクリックする必要があります)。

証明書をPleskにインストール

[Browse]ボタンをクリックし、お客さまがComodoから受け取った発行メールから保存した中間CA証明書ファイル(お客さまに送られたzipファイルにあり、またWebサイトのサポートセクションからダウンロードすることもできる)をポイントします。.
次に、[Send File]ボタンをクリックします。中間CA証明書がサーバーにアップロードされます。
上記のアイコンを再びクリックして[ON]状態に設定します。

[Up Level]をクリックして[Domain Administration]ページに戻ります。

SSL証明書を使ったPlesk Administratorへの安全なログイン
Pleskコントロールパネルに証明書を適用している(ログインを保護するため)場合は、Plesk Administratorにログインし、[Server]を選択する必要があります。
[Certificate]を選択し、SSL証明書のドメインへの適用と同様に上記の手順を実行してください。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Nginx

Elastic Load Balancing アマゾン(AWS)

メール送受信サーバ