SSL入門編

SSL入門編 SSLって何?

Secure Sockets Layer (SSL)とは、1994年にNetscapeによって開発された世界標準のセキュリティーテクノロジーです。SSLはWebサーバーとWebブラウザーとの間に暗号化し送受信できる通信方法です。機密性の高い個人情報やクレジットカードの情報などを取扱う際にはSSLによる通信が利用されます。

SSLの2つの役割 SSLの役割はおおきく2つあります
暗号化

SSLを利用すると、通信される情報を暗号化します。
万が一情報の送受信中に情報を見られても暗号化によって大切な情報が守られます。



認証

SSLは様々な方法で認証されたサーバにしか発行されません。
SSLを持っているということは信頼性を証明するものです。 よってユーザに安心感を与えることができます。


暗号化の証「https」

SSLを導入したページは、URLが「https:}から始まり、鍵マークが表示されます。
※お使いのブラウザによって鍵マークの表示場所は異なります。

暗号化の証「https」
お申込みがわからない・不安な方はコモドの無料相談へ
お電話でのご相談
  • リモートサポート
  • ご相談資料請求
  • 90日間無料お試しキャンペーン
  • お見積もり
  • お得なマネーチケット
  • SSL稟議書の書き方
販売パートナーのご相談 お電話でのご相談
  • 販売パートナー募集中!
  • 制作・開発会社の方はこちら
  • アフェリエイトプログラム
SSL有効期限チェッカー