SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

購入前のご質問

コードサイニング証明書とはなんですか?

顧客がお店でソフトウェアを購入するときには、そのソフトウェアの出所は明らかです。

顧客はそのソフトウェアの発行者を知ることができるし、パッケージが開かれたかどうかがわかります。
このような要因から、顧客はどのソフトウェアを購入すべきか、どの程度信頼できるかについて判断できます。

ダウンロード型のソフトウェアはそうはいきません。

しかしコードサイニング証明書があれば、お客さまのサイトからデジタル署名されたActive Xコントロール、ダイナミックリンクライブラリー、.cabファイル、HTMLコンテンツなどをダウンロードした顧客は、それらのファイルのコードが 『 本当にお客さまから来たもの?』 であり、作成、署名された後に 『 変更されたり破壊されたりしていない??』 等の証明がなされ確信を持つことができます。

デジタルIDはお客さまのソフトウェアの仮想「シュリンクラップ(収縮包装)」として機能します。お客さまがコードに署名した後、そのコードが何らかの形で改ざんされると、デジタル署名は破壊され、そのコードが変更されて信頼できないという警告を顧客に通知します。

このような問題を解決するのが、Comodoコードサイニング証明書です。

サポートトップへ