SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

各種手続きについて

企業認証レベルで確認させていただく内容

■対象製品

・無償版SSL(企業認証版)
・企業認証SSL
・マルチドメインHA
・プレミアムワイルドカードSSL


■ ステップ 1 :

登録ドメイン情報に記載の会社名(英文表記)ご住所を確認させていただきます。 ドメインの登録情報に記載された登録者情報と企業登録上のマッチングを確認させていただきます。

1)申請者自身(自社)の情報がキチンと記載されている

2)申請者が依頼を受けた企業様や個人の情報がキチンと記載されている

3)プロバイダやドメイン管理を委託している企業の情報が記載されている

※企業認証タイプでは 1)もしくは2)である必要がございます。



■ [.jp .co.jp .or.jp .ac.jp 他][ne.jp]
http://whois.jprs.jp/

■ gLTDドメインの場合(.com .net .org)
http://www.networksolutions.com/whois/index.jsp

■IPアドレスで証明書をご申請の場合
http://www.nic.ad.jp/ja/whois/ja-gateway.html


とくに組織名の表記一字一句が重要となります。

帝国データバンクやDUNS(東京商工リサーチ)では英字での登録指定をなされていない場合「 K.K (株式会社) 」 のように自動的に登録がなされている場合がございます。

ご申請のCSRに記載の会社名がたとえば 「 xxxxx INC 」であるのに
whois では 「 xxxxx 」
企業データベースでは 「xxxxx k.k 」
といった表記ゆれを統一していただく場合がございます。



■ ステップ 2 :

お客様のサーバの実在を確認させていただきます。

ステップ2で確認させていただく方法は3つよりご選択いただけます。:

  • メールベースの確認方法 (※特にご指定が無い場合にはこちらにて実施させていただきます。)
    メール認証方式 SSL証明書でご申請のドメインの管理者宛てにメールの到達(送信&返信)を確認させていただきます。 メールの本文には確認コードを記載しております。リンクをクリックしていただきますと確認作業が完了となります。

    確認可能なアドレスが以下のようなものになります。
    43ポートからのwhois確認をさせていただきますのでご了承ください。;

    次のような管理者で一般的に使われるアドレス(@より左側を記載)にて確認をさせていただきます。

    admin@
    administrator@
    postmaster@
    hostmaster@
    webmaster@

  • DNS CNAME-ベースの確認方法
    DNS認証方式

    ご申請いただきましたお客様作成の CSR を元にハッシュコードを生成させていただきます。 ハッシュコードが含まれる DNS CNAME レコードを反映してください。

    追加するCNAMEレコードは下記のようなものにになります。
    <ご申請CSRのMD5ハッシュ値>.ご申請のドメイン名.  CNAME  <ご申請CSRのSHA1ハッシュ値>.comodoca.com.

    重要1: 末尾のピリオド抜けにご注意ください。
    重要2: ご申請のドメイン名は例えばwww.comodo.jp のようなFQDNです。


  • HTTP(ウェブ)-ベースの確認方法
    WEB認証方式

    ご申請いただきましたお客様作成の CSR を元にハッシュコードを生成させていただきます。 ハッシュコードが記載されたテキストをSSLを取得する公開ディレクトリにアップロードするだけでHTTP越しに弊社より確認を致します。

    アップロードしていただく認証コンテンツ(ファイルの中身)には下記を記載ください:

    < お客様のCSRを元に作成したSHA1 ハッシュ値 >
    comodoca.com


    http://ご申請いただくコモンネーム/<お客様のCSRを元に作成したMD5のハッシュ値>.txt
    にアップロードしてください。

    重要 ページの確認はhttp:// で実施します!!HTTPSへのリダイレクト等(302 redirect 等)を確認ページに施工しないでください。

    追加情報

    お客様のCSR から生成するハッシュ値は弊社にてご案内させていただきます



    ■ ステップ 3 :



    企業情報として登録住所・会社名がご申請のものと一致するか確認をさせていただき最後に申込者様の在籍確認をさせていただきます。

    企業情報(登録確認)として有効なものに主に以下の3つがございます。



    1)DUNS番号(東京商工リサーチ)(自社に限り無料で番号を確認できます)
    https://duns-number-jp.dnb.com/search/jpn/login.asp

    ※ 新規にDUNS番号を取得も簡単にできます。

    2)帝国データバンク(TDB)(無料で番号を確認できます)
    http://www.tdb.co.jp/lineup/code/

    3)登記情報(履歴事項全部証明書・現在事項一部証明書)

    その他

    a) 最新の「職員録」(国立印刷局発行)に記載のある組織・団体 ※官職向け

    b) パスポート・運転免許書 ※ 個人向け

    b) 開業届け ※ 個人事業主さま向け

  • サポートトップへ