SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

その他 (コード証明書関連)

タイムスタンプサーバとは?

解決方法 たとえどのような暗号化を施した鍵ペア(秘密鍵と公開鍵)であっても 多くの時間をかければ解読しうることは数学的に証明されておりますので、デジタル証明書が有効期限をもつことはセキュリティの大原則です。

お客様の署名したデジタルIDは、その満了日に期限切れとなります。しかしながら、大抵のソフトウェアは、1年間よりも長く利用される製品として設計されております。

あなたの証明書が期限切れになるたびに、ソフトウェアを廃棄などしなければな らないことを避けるために、タイムスタンプサービスを利用することをご紹介い たします。
お客様がソフトウェア(コード)に署名をする時、お客様のコードのハッシュ値 と署名された日時を認証局に送信します。
こうすることでお客様の署名されたデジタルIDが期限切れになっても、その署名 済みのプログラムを破棄・再署名等をする必要はなくなります。
取得されたコード証明書の有効期限切れ後であっても有効期間内に署名したプロ グラムを有効に使えるようにするために[マイクロソフト署名コード] 等の多く の署名ツールではこのようにタイムスタンプを指定する機能を兼ねそなえております。


サポートトップへ

インストール関連

署名方法について

トラブルシューティング

その他