SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

IBM (CSRの生成方法)

IBM HTTPサーバー

IBM HTTPサーバーによる証明書署名要求(CSR)の生成

IKEYMANを使用したCSRの生成


注:IKEYMANを起動して新規の鍵データベースファイルを作成する場合、この鍵データベースファイルはIKEYMANを起動するディレクトリーに格納されます。

新規の鍵データベースファイルを作成するには下記を実行します。

  • 鍵データベースファイルとは、サーバーが1つまたは複数の鍵対と証明書を保管するために使用するファイルです。鍵対と証明書のすべてに対して1つの鍵データベースを使用することも、複数の鍵データベースを使用することもできます。
  • UNIXではコマンド行で「IKEYMAN」を入力します。WindowsではIBM HTTPサーバーフォルダーでKey Managementユーティリティーを起動します。
  • メインのユーザーインターフェースから[Key Database File]を選択し、[New]を選びます。
  • [New]ダイアログボックスで、鍵データベース名を入力します。[OK]をクリックします。
  • [Password Prompt]ダイアログボックスで、パスワードを入力し、さらに確認のためにもう一度パスワードを入力します。[OK]をクリックします。

新規の鍵対と証明書要求を作成するには下記を実行します。

  • UNIXではコマンド行で「IKEYMAN」を入力します。WindowsではIBM HTTPサーバーフォルダーでKey Managementユーティリティーを起動します。
  • メインのユーザーインターフェースから[Key Database File]を選択し、[Open]を選びます。
  • [Open]ダイアログボックスで、鍵データベース名を選択します。[OK]をクリックします。
  • [Password Prompt]ダイアログボックスで、正しいパスワードを入力し、[OK]をクリックします。
  • メインのユーザーインターフェースから[Create]を選択し、[New Certificate Request]を選びます。
  • [New Key and Certificate Request]ダイアログボックスで、次の項目を入力します。
    • Key Label:データベース内の鍵と証明書を表す説明
    • Keysize:
    • Organization Name:
    • Organization Unit:
    • Locality:
    • State/Province:
    • Zipcode/Postcode:#
    • Country:国コードを入力します。例: USやGBなど。
    • 証明書要求ファイル名またはデフォルト名
  • [OK]をクリックします。
  • [Information]ダイアログボックスで[OK]をクリックします。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Max OS X