SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Webstar (CSRの生成方法)

Webstar 4.x

Webstar 4.x CSRの生成

ステップ1:秘密鍵の生成

WebSTAR 4 インスタンスレーションのSSL ToolsフォルダーにあるKey Generatorアプリケーションを使用して、セキュアサーバーで使用する秘密鍵を持つファイルを生成します。

下記のステップを実行します。

  • CSRユーティリティーを起動します。このユーティリティーはWebSTAR 4 インスタンスレーションのSSL Toolsフォルダー内のTools & Examplesフォルダーにあります。
  • 秘密鍵を保護するためにパスワードを入力します。パスワードは8文字以上で、英字、数字、句読点からなり、名前や単語ではないことを確認してください。パスワードは書き留めて、貸し金庫のような安全な場所に保管してください。

    このパスワードは忘れないようにしてください。パスワードをなくしてしまうと、SSL証明書を使用できなくなります。

  • [Create Key]ボタンをクリックして、秘密鍵ファイルを作成します。
  • この秘密鍵ファイルに"Private Key"のような名前を付け、WebSTAR 4 フォルダーに保存します。

ステップ2:証明書署名要求の作成

  • CSRユーティリティの[Action]メニューで[Certificate Request]を選択します。
  • すべてのフィールドに適切な情報を入力します。お客さまが指定したCommon NameがSSL証明書を使用したいドメインのドメインネームになることを確認してください。
  • [Choose...]ボタンをクリックし、作成した秘密鍵を選択します。
  • [Key File Passphrase]フィールドで、秘密鍵の作成に使用したパスワードを入力します。
  • [Create]ボタンをクリックして証明書署名要求を作成します。
  • 作成した証明書署名要求ファイルに "Certificate Request" などの名前を付け、WebSTAR 4 フォルダーに保存します。
  • CSRユーティリティーを終了します。

発注プロセスの間、発注フォーム上のCSRフィールドにCSRをコピー&ペーストするよう求められます。今、証明書署名要求(CSR)ファイルをWebSTAR 4 フォルダーに保存したばかりなので、するべきことはCSRファイルをテキストエディターで開き、その内容を発注フォーム上のCSRフィールドに貼り付けることだけです。

------------------------------------------------------------------------
WebStar 4.x が正しく動作するにはNetscapeチェーン証明書が必要です。当社のお客さまサポートスタッフ(support@comodo.com)に連絡して証明書を要求してください。その際、発注番号をお知らせください。当社のご連絡情報はここにあります。SSL証明書(-----BEGIN NETSCAPE CERTIFICATE CHAIN-----ヘッダーと-----END NETSCAPE CERTIFICATE CHAIN-----ヘッダーを含む)をnotepadのような生のテキストエディターにコピー&ペーストし、余分な空白行や余計な文字をデータに挿入しないようにします。yourdomainname.txtとして保存します。
------------------------------------------------------------------------

Webstar 4.x におけるインストール

  • WebSTAR Adminユーティリティーを起動し、お客さまのWebSTAR 4 サーバーにログインします。
  • [Edit]で[Server Settings]を開きます。
  • [SSL Security]を選択します。

    注:WebSTAR Adminユーティリティーに[SSL Security]設定がない場合は、WebSTAR 4サーバーを再インストールしてSSLサービスを有効にする必要があります。

  • 証明書を使用したいドメインネームを指すサーバーIPアドレスを選択します。
  • [Security]プルダウンメニューから[SSL2 & SSL3]を選択します。
  • [SSL Certificate File]フィールドの後ろで、[Choose]ボタンをクリックして証明書ファイル(yourdomainname.txt )を選択します。
  • [Private Key File]フィールドの後ろで、[Choose]ボタンをクリックして、CSR作成時に生成した秘密鍵を選択します。
  • 秘密鍵のパスワードを[Private Key Password]フィールドに入力します。
  • [Encryption Options]の下で、MAC (暗号化なし)を除くすべての暗号化オプションを選択します。
  • [Save]ボタンをクリックし、WebSTAR Adminユーティリティーを終了します。
  • WebSTAR 4 サーバーを再起動します。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Max OS X