SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Lotus (CSRの生成方法)

Lotus Domino Go

IBM-Lotus Domino Go 4.6.2.6+ CSRの作成

コマンドプロンプトで「mkkf」と入力してMKKFユーティリティーを開始します。メニューページが表示されます。

注:MKKFユーティリティーは、特に指定がない限り、鍵リングファイルを現在のディレクトリーに配置します。

[N]を選択して新規の鍵リングファイルを作成します。
鍵リングファイル名を入力すると、次のメニュー画面が立ち上がります。
[W]を選択して鍵と証明書の処理を行ないます。
[C]を選択して新規の鍵と証明書要求を作成します。
プロンプトに対してパスワードを入力します。
[P]を選択して、次のメニューでPKCS#10 証明書要求形式を選びます。
[M]を選択して、次のメニューで証明書要求の各フィールドを修正します。

注:以下の文字は使用できません。 < > ~ ! @ # $ % ^ * / \ ( ) ?&

Country Name - 国を示す2文字からなるISOの省略語
State or Province Name - お客さまの組織が存在する都道府県。注:省略形を使用しないでください。

City or Locality - お客さまの組織が存在する市区町村
Organization Name - お客さまの組織の正確な正式名称
Organizational Unit - オプション。追加組織情報
Common Name - Webサーバーの完全修飾ドメインネーム
注:このCommon Nameが一致しないと、証明書名チェック警告が表示されます。
URL https://securearea.mydomain.comを保護するつもりであれば、CSRのサーバー共通名はsecurearea.mydomain.comでなければなりません。

Server 管理者のメールアドレス - お客さまのメールアドレス

[R]を選択して鍵と証明書要求を作成します。
鍵と証明書要求が作成されたら、[X]を選択してMKKFユーティリティーを抜けます。
変更内容を鍵リングファイルに保存します。

鍵リングファイルのバックアップコピーを作成して、安全な場所に保存します。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Max OS X