SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

SSL Accelerators (CSRの生成方法)

SSL Offloader 

SonicWALL SSL Offloader向けのCSRの作成

注: 鍵および証明書ファイルの名前は空白を含めることはできず、またお使いのワークステーションのオペレーティングシステムと互換性がなければなりません。鍵または証明書ファイルに名前を付けるか、それらの名前をチェックするかを求められたときは、名前がこの規則に従っているかを確認してください。

証明書の生成

注: openssl_config.txtファイルは現在の作業ディレクトリーになければなりません。現在の作業ディレクトリーにない場合、このファイルにパスを指定する必要があります。Windows NT および Windows 2000 では、現在のデフォルト作業ディレクトリーはProgram Files \SonicWALL Corporation \SonicWALL Configuration Managerで、openssl_config.txtはデフォルトでここにあります。

Linuxでは、現在の作業ディレクトリーはOpenSSLを実行したディレクトリーです。ただし、openssl_config.txtファイルはルートの/etcディレクトリーにあります。リスト内にopenssl_config.txtファイルがあったら、その前に "/etc/" を付加する必要があります。

暗号化されない秘密鍵を作成し、それによって証明書要求を生成するには、プロンプトに対して次のコマンド行を入力します。

genrsa -out key.pem 1024
req -new -key key.pem -out req.pem -config openssl_config.txt

2行目のコマンドは1行で入力しなければなりません。
30日間有効の自己署名ルート証明書を作成するには、次のコマンドを入力します。

genrsa -out key.pem 1024
req -new -x509 -out cert.pem -key key.pem -config openssl_config.txt

2行目のコマンドは1行で入力しなければなりません。
上記のコマンドそれぞれについて追加情報の入力を求められます。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Max OS X