SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Java (CSRの生成方法)

JavaベースWebサーバー

JavaベースのWebサーバーによるCSRの生成

次のようにkeytoolコマンドを使って鍵ファイルを作成します。
keytool -genkey -keyalg RSA -keystore domain.keystore -validity 365

サイト証明書に別名を使用したいときは、-alias yyy(yyyは別名)を挿入してください。

(validityは変わることがあるので注意)

指定されていないことについて次のような質問が表示されます。
Enter keystore password: (※注意:ここで指定するパスワードは後でつかうのでメモしておいてください。)
What is your first and last name? - ※ここではコモンネーム (サイトで利用するドメイン名)を指定します
What is the name of your organizational unit?- ※ここでは部署名 (※省略可)を指定します
What is the name of your organization?- ※ここでは組織名を指定します(※例: COMODO JAPAN INC.)
What is the name of your City or Locality?- ※ここでは市町村区名を指定します(※例: Chiyoda-ku)
What is the name of your State or Province?- ※ここでは都道府県名を指定します(※例: Tokyo)
What is the two-letter country code for this unit?- ※ここでは国名を英数字2文字で指定します(※例: JP)


次に情報が正しいかどうかを訊かれます。
Is CN=www.yourdomain.com, OU=Your Organization Unit Unit, O=COMODO JAPAN INC., L=Chiyoda-ku, ST=Tokyo, C=JP correct?

それに対する応答が "y" か "yes" の場合、パスワードを求められます。
Enter key password for
注: このパスワードをメモしてください。
は証明書のデフォルトの別名です。

次のようにkeytoolコマンドを使ってCSRファイルを作成します。
keytool -certreq -keyalg RSA -file domain.csr -keystore domain.keystore

パスワードの入力を求められます。
Enter keystore password:

パスワードが正しい場合、CSRが作成されます。
パスワードが正しくない場合、パスワードエラーが表示されます。
証明書を要求するとき、このCSR内のテキストが必要になります。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Max OS X