SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Plesk (CSRの生成方法)

Plesk Server Administrator

Plesk Server AdministratorによるCSRの生成

CSRとは、証明書申請情報(お客さまの公開鍵を含む)からなるファイルのことです。CSRを生成し、そのCSRファイルを登録プロセスにおいてWebフォームにコピー&ペーストします。

証明書に関する重要な注意: 指定されたドメインでSSL証明書を使用するためには、そのドメインはIPベースのホスティングをセットアップしていなければなりません。指定されたドメインでwww接頭語が有効になっている場合、お客さまはwww接頭語を含めてCSRをセットアップする必要があります。このようにセットアップしないと、www接頭語のあるドメインにアクセスしようとしたとき、警告メッセージが表示されます。

証明書はすべて、../vhosts/'domain name'/cert/httpsd.pemファイルに配置されます。このディレクトリー名にドメインネームを含めるときは、証明書を作成したドメインのドメインネームを使用する必要があります。PSAインターフェースの上部にある[Domains]ボタンをクリックして、ドメイン管理機能にアクセスします。[Domain List]ページが表示されます。

SSLによって保護したいドメインのドメインネームをクリックします。[Domain Administration]ページが表示されます。お客さまがSSLをサポートするIPベースのホスティングアカウントを持っている場合、[Certificate]ボタンが有効になります。ネームベースのホスティングアカウントを持っている場合、[Certificate]ボタンはグレイアウトになり、使用不可になります。処理を継続するには、IPベースのホスティングアカウントを持っていなければなりません。[Certificate]ボタンをクリックします。.[SSL certificate setup]ページが表示されます。[Certificate Information:]セクションのリストで、いくつかのフィールドに入力してCSRを生成します。

CSRの生成

[Bits]選択で、SSL証明書の暗号化レベルを選択できます。[Bits]の横にあるドロップダウンボックスから適当な値を選択します。[State or Province]、[Locality]、[Organization Name]、[Organization Unit Name]の各フィールドに入力します。
ドメインネームを[Domain Name:]フィールドに入力します。
[Request]ボタンをクリックします。
Pleskは、お客さまがサインアップしたときに提供されたアドレスへCSRをメールで送ります。このメールは2つのセクション(RSA秘密鍵と証明書署名要求)から構成されています。RSA秘密鍵はなくさないでください。後で必要になります。
[Up Level]をクリックして[Domain Administration]ページに戻ります。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Max OS X