SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Lotus (CSRの生成方法)

Domino Server 4.6x&5.0x

Lotus Domino Server バージョン4.6x/5.0x によるCSRの生成

バージョン4.6x の場合

  • 管理パネルから[System Databases]をクリックし、ローカルマシン上で[Open Domino Server Certificate Administration (CERTSRV.NSF)]を選択します。[Create Key Ring]をクリックします。
  • 鍵リングファイルの名前を[Key Ring File Name]フィールドに入力します。
  • サーバー鍵リングファイルのパスワードを[Key Ring Password]フィールドに入力します。
    注: パスワードは大文字/小文字を区別します。
  • 鍵サイズを選択します。これは、公開鍵と秘密鍵の対を作成するときDominoが使用するサイズです。
    注: 国際版のDominoを使用している場合、リリース R5.04でない限り、正しく動作する鍵サイズは512ビットだけです。
  • サーバーの識別名のコンポーネントを指定します。
  • [Create Key Ring]をクリックします。[OK]をクリックします。
  • [Create Certificate Request]をクリックします。

注: CSRが要求されたとき、2番目のダイアログボックスでBegin CertificateとEnd Certificateを含むすべてのテキストを選択する必要があります。

R5.0x の場合

  • Domino Administrationクライアントを起動します。
  • [File]、[Open Server]の順に選択し、次いで管理したいDominoサーバーを選択します。[File]タブをクリックし、[Server Certificate Administration database (certsrv.nsf)]をダブルクリックします。
  • 管理パネルから[System Databases]をクリックし、ローカルマシン上で[Open Domino Server Certificate Administration (CERTSRV.NSF)]を選択します。
  • [Create Key Ring]をクリックします。
  • 鍵リングファイルの名前を[Key Ring File Name]フィールドに入力します。
  • サーバー鍵リングファイルのパスワードを[Key Ring Password]フィールドに入力します。
    注: パスワードは大文字/小文字を区別します。国際版のDominoを使用している場合、リリース R5.04でない限り、正しく動作する鍵サイズは512ビットだけです。
  • サーバーの識別名のコンポーネントを指定します。
  • [Create Key Ring]をクリックします。[OK]をクリックします。
  • [Create Certificate Request]をクリックします。

注: CSRが要求されたとき、2番目のダイアログボックスでBegin CertificateとEnd Certificateを含むすべてのテキストを選択する必要があります。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Max OS X