SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

C2Net Stronghold (証明書のインストール方法)

C2Net Stronghold

Strongholdサーバーにおける証明書のインストール

注: このプロセスの間にインストールしなければならない証明書は2種類あります。1つはサイト証明書で、コモドからのメールに含まれています。2つ目は中間CA証明書で、サイト証明書に添付されているzipファイル内の中間CA証明書を使用してください。下記の手順を実行してください。

/ServerRoot/ssl/certs ディレクトリー内にすでに一時証明書がある場合は、それを移動、名前変更、または削除します。"getca servername" コマンドを実行します。ここで "servername" は鍵または証明書要求の生成中に作成されるものと同じ名前です("genkey servername" または "genreq servername")。Comodoからのメール内のサイト証明書をテキストエディターで開き、その内容(次の行を含む)をクリップボードにコピーします。

"-----BEGIN CERTIFICATE-----"

"-----END CERTIFICATE-----"

この内容を "getca" を実行した端末ウィンドウにコピーします。
Control-Dまたはお使いの端末に適したEOF文字を入力します。.
サーバーを再起動する前に、下記のように中間証明書をインストールします。
サイト証明書に付属している中間CA証明書を使用し、その内容(次の行を含む)をクリップボードにコピーします。

"-----BEGIN CERTIFICATE-----"

"-----END CERTIFICATE-----"

ServerRootディレクトリー内の "ssl/certs/ca_new.txt" ファイルにこの内容を貼り付けます。httpd.confファイル内のSSLCACertificateFileディレクティブを変更して、中間CAファイル(ca_new)を指すようにします。

SSLCACertificateFile ssl/certs/ca_new.txt

Webサーバーを再起動して新しい証明書がロードされるようにします。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Nginx

Elastic Load Balancing アマゾン(AWS)

メール送受信サーバ