SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Microsoft (証明書のインストール方法)

Microsoft IIS 5.x/6.x CSR更新時

Microsoft IIS 5.x / 6.x SSL証明書のインストール(CSR)更新時

  • [管理ツール]を選択します。
  • IISインタネットサービスマネージャーを起動します。

IIS SSLサーバー証明書 - インターネットサービスマネージャー

  • Webサイトの[プロパティー]ウィンドウを開きます。これは、[デフォルトのウェブサイト]を右クリックし、表示されるメニューから[プロパティー]を選択して行ないます。
  • [ディレクトリセキュリティ]を開くために、[ディレクトリセキュリティ]タブを右クリックします。

IIS SSLサーバー証明書 - デフォルトプロパティー

  • [サーバ証明書]をクリックします。次のウィザードが表示されます。

IIS SSLサーバー証明書 - 保留要求

  • [保留中の要求を処理し、証明書をインストールする]を選択します。[次へ]をクリックします。
  • IIS SSL証明書の場所を入力し(IIS SSL証明書を見つけるためにブラウズする必要があるかもしれません)、[次へ]をクリックします。
  • 要約画面を見て、適切な証明書を処理していることを確認し、[次へ]をクリックします。
  • 確認画面が表示されます。この画面の情報を読んでから、[次へ]をクリックします。
  • これで、IIS SSLサーバー証明書がインストールされました。

重要:インストールを完了するためにコンピューターを再起動する必要があります。

すべてが正しく動作していることを確認するために、Webサイトをテストしなければならないことがあります。Webサイトへの接続をテストするとき、この証明書を使用してください。

ルート証明書と中間証明書のインストール

IIS 4xへの証明書のインストールに問題がある場合は、ルート証明書および中間証明書を正しくインストールしたかどうかを、ここにある手順でチェックしてください。

サーバ証明書の置き換え



実際にサーバ証明書を更新するWebサイトに対して、インストールしたサーバ証明書を置き換えます。

IIS上でサーバ証明書を置き換えるWebサイトの 「 プロパティ 」を選択します

「 ディレクトリセキュリティ 」→「 サーバ証明書 」の順にアクセスします。「 次へ 」をクリックしてください。

次に、「 現在の証明書を置き換える 」を選択し、「 次へ 」を選択します。

※実際にサーバ証明書を使用するWEBサイトで一度CSRを作成し、何らかの理由で仮想サイトを含む他のサイトでCSRを再作成した場合は、置き換えの項目が無く「証明書が保留中です」という内容が表示されることがあります。この場合は削除し、再度、「サーバ証明書の置き換え」から証明書の置き換え作業を行ってください。

先程インストールしたサーバ証明書が「 使用可能な証明書 」の一覧で表示されますので、それを選択し、「 次へ 」をクリックします。

置き換える証明書の内容が表示されますので、確認後「 次へ 」をクリックしてください。 「 完了 」をクリックすると、サーバ証明書の置き換えは完了します。

Webサイトの削除



作業用のWebサイトは、サーバ証明書を置き換えた後、SSLサーバを利用する上で必要なくなりますので削除することが可能です。
Webサイトを削除しても秘密鍵とSSLサーバ証明書は削除されません。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Nginx

Elastic Load Balancing アマゾン(AWS)

メール送受信サーバ