SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

Novell (証明書のインストール方法)

Novell I-Chain

Novell I-Chainにおける証明書のインストール

証明書のインストール方法は2つあり、以下と異なる方法をこのページの最後に示してあります。

インストールプロセスの最初は、中間証明書とルート証明書を含む合成ファイルを作成することです。
中間証明書をNotepadで開きます。
[Edit-Select All]、[Edit-Copy]の順に選択します。
新規のテキストファイルをNotepadで開き、中間証明書の内容をここに貼り付けます。
ルート証明書をNotepadで開き、すべての内容をコピーします。
コピーした内容を上記の新規テキストファイルの中で中間証明書の後ろに貼り付けます。
この合成したファイルを保存します。

ConsoleOneを開き、次いでiChainサーバーのICSコンテナーを開きます。
上記の合成証明書を開きます。

Novell I-Chainにおける証明書のインストール

Novell I-Chainにおける証明書のインストール

[Certificates]タブを選択し、[Import]ボタンをクリックします。
[Read from file]をクリックし、作成した合成証明書をブラウズします。
[Next]をクリックします。
[Read from file]をクリックし、新規のサーバー証明書をブラウズするか、このサーバー証明書を表示されるウィンドウに貼り付けます。
[Finish]をクリックしてサーバー証明書をインストールします。

証明書の表題がオブジェクト(CSR)内の表題と一致しないというエラーが発生することがあります。これは証明書内の追加OUのためです。いずれにしても証明書を受け入れます。ConsoleOneで証明書に対して確認作業を行なおうとすると、"Unable to validate the certificate chain to a root certificate" というエラーメッセージが出力されます。

iChainサーバーで[Apply]をクリックします。
証明書はインストールされますが、"-1240 Certificate failed parsing - may need external certificate" というエラーメッセージが出力されます。

Webサイトのアクセラレーターを開きます。[Secure Exchange]部分の[Certificate]ドロップダウン項目で証明書が利用できるようになります。新規の証明書を選択し、[OK]、[Apply]の順にクリックします。

[Management]表示が更新されたら、このWebサイトは新規の証明書によって保護されます。

別のインストール方法

別のインストール方法 - クリックするとフルサイズ表示

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Nginx

Elastic Load Balancing アマゾン(AWS)

メール送受信サーバ