SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

SSLならコモドのEV・企業・ドメイン認証

サポート


こちらからサポート記事を検索いただけます

検索キーワード:

IBM (証明書のインストール方法)

IBM HTTPサーバー

IBM HTTPサーバーにおける証明書のインストール

IKEYMANによる証明書のインストール

Comodoは複数の証明書をお客さまに送信します。サーバー証明書に加えて、中間CA証明書(Comodo証明書)とRoot CA証明書(GTE CyberTrust)を送ります。サーバー証明書をインストールする前に、後者の2種類の証明書を両方、インストールしてください。「CA証明書の保存」の指示に従ってください。

注:認証局が鍵データベース内で信頼のおけるCAでない場合、まずCA証明書を保存してから、CAを信頼のおけるCAと指定する必要があります。これで、CA署名証明書を鍵データベースに読み込むことができます。信頼できるCAではないCAからCA署名証明書を受け取ることはできません。手順については、「CA証明書の保存」を参照してください。

CA証明書の保存

  • UNIXではコマンド行で「IKEYMAN」を入力します。WindowsではIBM HTTPサーバーフォルダーでKey Managementユーティリティーを起動します。
  • メインのユーザーインターフェースから[Key Database File]を選択し、[Open]を選びます。
  • [Open]ダイアログボックスで、鍵データベース名を選択します。[OK]をクリックします。
  • [Password Prompt]ダイアログボックスで、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。
  • [Key Database]コンテンツフレームで[Signer Certificate]を選択し、[Add]ボタンをクリックします。
  • [File]ダイアログボックスの[Add CA Certificate]で、追加する証明書を選択するか、[Browse]オプションを使って証明書を探します。[OK]をクリックします。
  • [Label]ダイアログボックスで、ラベル名を入力し、[OK]をクリックします。

CA署名証明書を鍵データベースに読み込むには、下記を実行します。

  • UNIXではコマンド行で「IKEYMAN」を入力します。WindowsではIBM HTTPサーバーフォルダーでKey Managementユーティリティーを起動します。
  • メインのユーザーインターフェースから[Key Database File]を選択し、[Open]を選びます。
  • [Open]ダイアログボックスで、鍵データベース名を選択します。[OK]をクリックします。
  • [Password Prompt]ダイアログボックスで、パスワードを入力し、[OK]をクリックします。
  • [Key Database]コンテンツフレームで[Personal Certificate]を選択し、[Receive]ボタンをクリックします。
  • [File]ダイアログボックスの[Recerive Certificate]で、証明書ファイルを選択します。[OK]をクリックします。

注: IBMは特別なガイド「Global Certificate Usage with OS/390 Webservers」を用意しています。

サポートトップへ

Apache

Apache on Cobalt

BEA

C2Net Stronghold

CPanel

Ensim

F5

Hsphere

IBM

Java

Lotus

Microsoft

Netscape/Sun

Novell

Plesk

SSL Accelerators

Website Pro

Webstar

Zeus

ユニファイド

Citrix

Nginx

Elastic Load Balancing アマゾン(AWS)

メール送受信サーバ